スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

トレードプランについて考える その1

こんにちは、院長です。


今年一発目の考えるシリーズは「トレードプラン」


常勝トレーダーO氏の教えを得ているトレーダーさんには


馴染み深い言葉ですが、その他の方にはあまり馴染みは無いのか


なぁ?って思います。


どういうものかというと、昨日までの値動きから本日動くであろう


値動きを何パターンか想定し、そこまでチャートが来たらエントリー


していくというものです。


一言で言うと、とても簡単ですがやってみると難しい。


とりあえず院長がどのようにしてトレードプランを立てているか


どのようにこのトレードプランの構築を考えたかを書いてみます。



院長は、トレードプランを立てる大前提に3つの軸を基準に考えるように


します。


①縦軸
②奥軸
③斜め軸



の3つです。


考え方のウェイトとしては上から順番に大事かな?と。


その中でもやはり①縦軸はとっても大事にしています。


後の二つは縦軸のサポート的な役割になります。


まず③の奥軸ですが、これは相関関係のことです。


院長の取引通貨ペアはドル円、ポンド円、ユロ円のクロス円に、ユロドルとドルスイス


くらいです。オージーは何故しないかというと、取引している証券会社のスプレットが


広いってだけの理由です(-_-;)  監視はしてますよ。笑


で、基本クロス円での取引をするので、どの通貨が強いか?とか拮抗している通貨は?


等、ドルストの通貨監視は必須になります。


ちなみにどのように監視しているかというと、


画面を出したかったのですが、うまいこといかなったので


どの順番で並べてるか書きます


ポンドドル   ポンドオージー   ドルスイス
ユーロドル   ユーロポンド    ユーロスイス
オージードル  ユーロオージー   ポンドスイス
                  オージースイス

の順番で並べて大きな流れと小さな流れ(強さ)がバランスよくわかる


1時間足を表示してます。


これで、ポンド・ユーロ・オージーはドルに対して強いのか弱いのか


ポンド・ユーロ・オージーのそれぞれの強さのバランスはどうなのか


を順番をつけて、一番強い通貨を探します。


で、ドル円の強さを見て取引すると。


例えばポンドが3つの通貨の中で一番強いとして、ドル円がドル優位なら


単純にポンド>ドル>円の構造ができますね。


そしたらポンド円は上昇傾向が強いということなので押し目を拾えばあとは


待つだけ☆みたいなヽ(´▽`)/


奥軸はこんな感じで使うと優位に取引できますよ。



ちなみになぜ「奥軸」かというと、縦軸は縦の認識、横軸は時間の認識


、どちらかというとこのふたつは2Dの考え、平面的認識であるのに対して


相関関係とは、奥行といいますか、3Dの認識ですよね。


だから「奥軸」と命名しました。


このまま「縦軸」と「斜め軸」の考察に入るとたぶんかなりのボリュームに


なるので、一旦ここで終わります。


次回は縦と、斜めの目線を詳しく解説し、トレードプランの有効性など


話して行きますね☆


最後にポチットーーーーヽ(´▽`)/


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
 

コメント

奥軸いいですなぁ~(*'ω'*)
さすが院長☆
2014/ 01/ 03( 金) 16: 43: 15| URL| マロン# -[ 編集 ]
 
マロンどーもー☆
色々と命名するのが好きやねんヽ(´▽`)/
どんどん更新してくよーーーー!
2014/ 01/ 03( 金) 17: 15: 29| URL| 院長# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://yuzuking0519.blog.fc2.com/tb.php/20-48488097
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。