スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

初動を捉えるか?流れに乗るか?の追記

ども、院長です。


1つ前の記事の画像2の場面でもう一つ大事なサンプルがあるので


そちらも考えてみようと思います。


まずこちらの画像
ポン円4時間足完成
ポンド円4時間足ですが

見ての通り1月6日に一度サポートされたところですね。


ここはその前の窓開けブレイクアウトの起点となるラインです。


そこからひと山越えて再度1月6日に落ちてきてサポートされた


ということです。


で、昨日また小さなひと山越えて同じポイントに落ちてきたわけですが


次は下に抜くのか?それとももう一度弾き返すのか?


院長は昨日の段階でそう考えていました。


長期の環境認識では、山が小さくなり上からの圧力が強くなっているということで、


下目線、でも日足ベースではまだまだ上昇トレンド中、ってことで上も考えられる?


という思考でした。ではどこで下目線を確定させてショートを打ったのか?ってことに


なりますが、これはやはり5分足のテクニカルを忠実に守ったトレードです。


2つの場面の5分足はこちら
その1
ボトムレンジからの上抜けエントリー
ポン円5分1回目完成検証用

その2
三角保合いブレイクからのエントリーorサポートラインプレイク狙いの逆指値
ポンド円5分足その2完成

どうでしょう?



要するにこの段階で上か下にバイアスを固定してしまうとどっちにもエントリー


できなくなっちゃいます。ここで考えることはこの「節」に近づいてきた時に


次のシナリオを複数用意して後は身につけたテクニカルを信用して相場の流れに


ついて行く。これだけです。


それにしてもロングエントリーよりショートエントリーは楽ですね(~_~;)


こういう場面での思考は相場を監視するにあたって安定した収益をあげる上でとても


大事になってきます。


何回も見返して精度を高めていきたいところですね☆


ちなみに今ポンド円はそこから更に下落し、持ち返してきているところです。


また、このポイントまで持ち返してきたときにどのような思考を持つか?


院長なら、


パターン1:トレンド転換のショート
パターン2:レンジ内でのライントレード
パターン3:上に抜けた時はブレイクアウトからのロング


と、このあたりをイメージして相場を監視しようと思います。



いずれにせよこのラインは重要な「節」ですね☆


では。


ポチをもう一度ヽ(´▽`)/

人気ブログランキングへ

http://www.infotop.jp/click.php?aid=266402&iid=57111
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://yuzuking0519.blog.fc2.com/tb.php/28-a7565b8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。