スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

考えるシリーズ始動!

ども、院長です。

本日の題名、「考えるシリーズ」は、院長がFXをトレードするにあたり

これまでに、たくさんのことを考えてきたことをアウトプットしていく

シリーズです。

めちゃくちゃ考えてきました。

ごちゃごちゃになり、ひらめき、また迷子になり、繋がり、そしてまた迷い、

またまたひらめき、とこの3ヶ月は一日15時間はFXの事が頭から離れない

くらい、夢にまで出てくるくらい考えました。

そして、これからも考え続けるでしょう(-.-;)

そこまでしないと勝てないの?って思う方いると思いますが、、、

勝てません。  てか、勝つことはできるけど、勝ち続けることはできません。

なので、考えまくりましょう。

で、今日のお話は、トレードに関する大前提の話です。

この大前提があってこそ、常勝トレーダーの道が開けるといっても過言ではない

くらい大事な話です。

ではいきましょう。


FXに関する知識はある程度勉強すれば、身に付きます。

でもその知識を使ってリアルにトレードをしても勝ち続けるということはまた

別の話になります。

なぜなら、その身に付いた知識をトレードに直に使っていくと、混乱してしまいます。

例えば、水平線にあたってそこからの反発を狙う、なんて状況があったとして、

その水平線に当たった瞬間にエントリーするのか?いったん抜けたらどうする?

次の足でエントリーする?など色々なケースが出てきてしまいます。

これはどのテクニカルでも同じことです。各テクニカルを勉強はしますが、その

知識をどのようにリアルトレードに落とし込んでいき、利益を上げていくのか?

ここが1番肝心で、1番難しいところです。



では、どういった意識をもって勉強すれば効率が良いか?


「あなたのトレードスタイル」をまず考えましょう。

「トレードスタイル」という言葉には色々な定義があります。

スキャル
デイトレ
スウィング  という考えもあるし、

レンジの逆張り
トレンドフォロー なんかもスタイルと言えます。

時間帯のトレードもスタイルと言えるでしょう。

こういったトレードスタイルを考えるのも大事なことですが、

院長の考える「トレードスタイル」の定義は、もっと別のところにあります。


はい、ではあなたのトレードスタイルの定義は?

ちょっと考えてみてください。とてもとても大事なことです。

患者さんが増えてき、たので今日の考えるはここまでにします。笑



次回は院長のトレードスタイルの定義についてのお話をします。

トレード力をあげるにあたっての1番肝心な話なのでじっくり行こうと思います。

では。

いっポチ行っとく~?

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://yuzuking0519.blog.fc2.com/tb.php/4-e39f1dda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。