スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ランチェとスペキュラトゥールについて考える

おはようございます。

院長です。

本日の考えるシリーズは「ランチェとスペキュラトゥール」

まずはじめにこの考えを教えていただいた方は、スーパートレーダーのM様です。

で、M様のお話を院長が自分で理解するためにアウトプットするということなので、

若干違う事言ってるかもしれませんが大筋は同じだと思います。

では、参ります。

これは、イタリアの社会学者パレートという人物の学説にでてくる題材で、

この世界の全人間は2つの主要なタイプに大別されると考える、というもので、

この2つというのが、ランチェとスペキュラトゥールです。

この2つの意味は、

ランチェ:(英訳)ストックホルダー・(和訳)株主
     この種の人々は、型にはまった、着実に物事をやる、想像力に乏しい、保守的
     な人間。

スペキュラトゥール:(英訳)スペキュラチブ・(和訳)投機的・思索的
     この種の人々は、新しい組み合わせの可能性を常に追求する人間。
     革新的人間。

というような感じになっていて、全体的にランチェ:スペキュラトゥール=8:2
という割合になるらしい。

で、この世の中(社会)を支配しているのは、もちろんスペキュラトゥールである。

2割の人間がアクションを仕掛けて、残りの8割がそのムーブに乗っていくという

構造ですね。

で、これをFXの世界に当てはめていこうと思います。

あくまで、院長的発想ですよ。違うという人もいるかもしれませんが、

そこは指摘しないでねヽ(;▽;)ノ

まずFXは1割の人が勝ち、9割の人は負けている、とよく言われていますよね。

ほんで、スペキュラトゥールは2割でランチェは8割・・・。数が合わない(-.-;)

なので、院長はこう考えました。

2割のスペキュラトゥールとはFX内では「機関投資家」と考える。

機関投資家とは個人ではなく企業体で投資を行っている大口の投資家のことで、

金融市場を動かしているのは紛れもなくこの方々でしょう。

そして、8割のランチェとは「個人投資家」と考える。

だから、FXにおいては、2割のスペキュラトゥールに入るのはそもそも無理。

でも、8割のランチェの内の1割の勝者になればいいんじゃない?

ってことですよね(^O^)     じゃーどうすれば、良いか?

2割のスペキュラトゥールすなわち機関投資家がアクションを仕掛ける場所をいち早く

察知して、その流れに速攻で乗っかり、8割のランチェの中の9割の敗者が流入する

ころには、利益を出していればいいんじゃない?ってことですよねー♫

そんな都合のよい解釈で、勝てるわけないやん!って思います?

ありますよー!そんな場面♫

「トレンド転換場面」ってそんな感じじゃないですかー?

トレンドという流れが見えてしまっては、9割の負け組ランチェが入ってくるので、

その前!!転換の初動すなわち、最初のアクションを見つけて、早々に乗っかるんです。

で、9割の負け組ランチェが入ってくる頃には、ロスカットをプラマイ0に引き上げて

悠々自適にコーヒーでも飲みながら利を伸ばして行けちゃう♫

具体的にはまたアップしていきますが、院長がトレードするにあたり、マインドとして

意識しているのは、1割のランチェになる、ということです。

こうゆう風に考えて環境認識すると、相場の見方が更に進歩しますよー。

今日はこの辺でーーーヽ(;▽;)ノ



ついでにポチっとしちゃってねー

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
 

コメント

院長こんにちは。なかなかチャレンジングな話題での考察ありがとうございます。
`s(・'・;) エートォ...
パレートといえばアリの話しか知りませんでした。確か8割の怠けアリだけ取り出すと、その中でまた2対8に分かれて新たな構造が出来る、てな話でしたが。・・・頑張ります。
2013/ 12/ 16( 月) 14: 36: 29| URL| きのり# -[ 編集 ]
 
きのりさん
チャレンジングでした??
働きアリの話題も同じことですね♫
要は2割の者がこの世を支配(各カテゴリー内で)し、8割の者は支配される側で
一生懸命働く的なことですかね。
僕の説明ちょっとややこしいですね(-.-;)
本読みが足りてません○| ̄|_ ゴメンナサイ
2013/ 12/ 16( 月) 15: 11: 48| URL| 院長# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://yuzuking0519.blog.fc2.com/tb.php/9-0ee59ced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。